うつ病の症状が出たときにどう対処したらいいのか:症状をチェック

ページトップへ

女性

痛みとして

うつ病は、精神症状として倦怠感や気持ちがイライラしてしまう症状があります。多くの人が心の病気だから、体には影響はないと考えていますが、体にも影響を及ぼします。体への症状としてよく現れるのは、睡眠障害や食欲低下・めまいや動悸・便秘や下痢といった症状です。その他に、はっきりとした痛みとして、頭痛や肩こり・胃が痛むことがあります。この症状は、出る人と全く出ない人に分かれ、痛みを伴う症状も人それぞれです。

痛いという感覚は、脳が管理して感じさせるものです。体中にある末梢神経が信号を受けて、脊髄を通って脳にその信号を送ります。セロトニンやノルアドレナリンなどの物質が、痛みの感覚を抑える・和らげる働きがあります。ですが、うつ病の原因はこのセロトニンのような物質が減少することで発症します。減少しているため、痛みも感じやすくなってしまうのです。普段の日常では感じにくいことでも、うつ病患者は何倍にも痛みとして感じてしまうのです。

うつ病の精神的な治療と共に、体の治療も同時に行わなければなりません。両方のバランスをしっかりと整えることがとても大事です。うつ病が改善されてくると、体の痛みも感じにくくなってきます。ですが体の痛みだけ残る、その影響でうつ病の改善・回復が妨げられることもあります。早めに対処するためにも、痛みが出ている・症状が痛くて辛いといったことがあれば、すぐに医師に相談しましょう。体の痛みを放っておくと、痛いことがストレスになりうつ病治療に悪影響を及ぼしてしまいます。再発率も高くなってしまうので、気をつけましょう。