うつ病の症状が出たときにどう対処したらいいのか:症状をチェック

ページトップへ

女性

治療の流れ

一ヶ月に掛かる治療費

うつ病の治療にあたって、どの科にいったらいいのか分からないという人がいます。うつ病は精神疾患になるため、メンタルクリニックや診療所など、こころの病気に対応しているところを受診しましょう。現在は、治療を行っている医療機関が増えています。精神科の他にも、精神神経科・心療内科といった専門のところがあり、うつ病に関する診断をしてくれます。医療機関を初めて受診するときには、通院することも考えて近くの病院を探すと良いでしょう。また、かかりつけの医者がいるのであれば、まずうつ病なのかどうかを検査してもらい、そこから精神科に紹介を出してもらうことも可能です。

どのような症状があるか

うつ病の主な治療法は、薬の投与を行う治療です。抗うつ剤といって、いくつかの種類・作用がありますが、どれも神経伝達物質の働きを強くして、スムーズに情報伝達出来るようにするものです。情報伝達がうまく行われないことが、うつ病の原因と言われているからです。症状緩和のために、飲み続けることが大切になってきます。ただ薬ではあるので、副作用が起こることもあります。副作用の症状として、吐き気や嘔吐・便秘やうつ病の症状と同じく倦怠感が起こることもあります。

うつ病患者は、不安になったり不眠になったりします。精神症状のため、外側の治療よりも難しくなっています。あせらず、患者のペースで薬を飲み続けることが、症状改善の近道になります。うつ病は、再発も起こる病気と言われているので、再発を防ぐための対策もあります。通常半年以上前後、長い人で2年治療が必要な人もいます。薬を飲んで1ヶ月ほど効果が出るのに時間がかかります。患者や医師・家族のコミュニケーションや良好な関係づくりが、うつ病の症状改善につながります。

うつ病の治療には、精神科や心療内科を利用することが必要です。一ヶ月に掛かる治療費は、3000円〜6000円が相場です。人によって薬の処方があったり、薬の種類が違うため金額には差が出てきます。病院で治療を受ける費用としてはそれほど高いものではありませんが、うつ病の場合は長い通院期間が必要なため、結果的には高い費用となる場合があります。 しかし、うつ病の治療には自立支援医療制度が利用できる場合があります。この制度の利用を申請すれば、治療費の負担は1割負担となります。うつ病の治療には多くの人が長い時間を要するため、この制度を利用することが治療費の負担を減らすことに繋がります。治療費の負担が少なくなれば治療にしっかりと専念することが出来るようになります。

うつ病の症状には、身体的なものと精神的なものの両方があります。身体的な症状は、強い倦怠感や体の凝りがあります。精神的な症状には、やる気の低下、判断力の低下などがあります。これらの症状はあくまでも代表的なものであって、その他にも人によって様々な症状が表れます。うつ病の症状は、個人差が大きいことが特徴と言えます。 うつ病になると、身体的な症状と精神的な症状のどちらにも悩まされる場合があります。様々な症状は非常につらいものですが、それらは病気になっているから表れているものだと考えることが重要です。様々な症状に悩まされると、不安になったりイライラする事もありますが、それは現在病気だからだと自覚することがうつ病の改善に効果があります。