うつ病の症状が出たときにどう対処したらいいのか:症状をチェック

ページトップへ

女性

上手に付き合う

うつ病治療には薬や認知行動療法などが効果的ですが、休むことも治療の一つです。休養と薬の治療、主にこの2つが大事になってきます。自分自身の心と体を休ませてあげるのが、治療法として効果的と言われています。日々忙しく過ごしてきた患者が多いため、そこに一旦ブレーキをかけて休むことで、自分らしさを取り戻すことが出来ます。女性で家事や育児・仕事に追われて生活していた人は、子供のことや仕事のことが気になり、休むことに抵抗が出る人がいます。ですが、休養が治療にとって大切なので、うつ病治療に専念して早く回復するためにも全てにおいて休みましょう。

休むことはうつ病治療に適していますが、休むときには環境に注意が必要です。子供がいる自宅・人の出入りが多い場所などだと、さらにストレスになってしまいます。自宅が難しい場合は、入院をしてじっくりと休養をとりましょう。また、症状改善には睡眠もとても大切です。うつ病の症状として、眠れない・朝早くに目覚めてしまうといった症状もあります。質の良い睡眠のために、同じ時間に起床・就寝する、食事を3食しっかりと食べるなど、生活習慣のリズムを崩さないように行なうことも大事です。眠ることも休養ですが、外に出て体を動かすことも睡眠障害に関する症状緩和に効果的です。

うつ病は、再発する人が多いので、身近な人で発症した人がいれば注意しておきましょう。症状が安定しても、自分の判断で薬を減らしたり飲まなかったりといった行動はいけません。通院もしっかりと回復するまで行なうべきです。一旦症状が良くなったからといって、安心せずに処方された薬は必ず飲みましょう。再発を繰り返すと、うつ病の症状がひどくなるケースもあります。